ジムニー博物館

ジムニーミュージアム

歴代のジムニーが並ぶ博物館です。

ジムニーの進化や時代背景が見れてとても楽しく勉強になります。

 

f:id:paintfactory:20181112172814j:plain

 

尾上会長自らが仕上げたLJ20。

次のプロジェクトのために許可を得て色の採取です。

 

f:id:paintfactory:20181112172833j:plain

 

このプロジェクトはまた12月にお知らせします!

 

orm-web.net

とうとう出会ったゴールドボンド

前にランタンを一つ購入してから、ランタンブックを読み漁りずっと気になっていたCOLEMANゴールドボンド。

 

いつかマーチをゴールドボンドにしたい。

昭島のコールマンに見に行きたいなと思っていた所、APIOさんでデットストックに出会いました。

 

 

f:id:paintfactory:20181112171051j:plain

 

黒ベースに微妙に隠蔽していないイエローが絶妙な色味を出してます。 

楽しい車ができそうです。

Civil Defence Grey 42-46

Civil Defence Grey オリジナルペイントから色の採取です。

 

f:id:paintfactory:20181112164857j:plain

 

しばらくヴィンテージハーレーダビッドソンの色を研究していますが

製造から今に至った色と当時の新車の色

再塗装時どちらが正しいかというのに正解はないと思います。

オーナーの好み次第です。

 

様々な保管状況があると思いますが、今に至った色は相当な退色をしています。

もちろん、天面側面下部で色も違います。

右のカードが当時の新品カラーカード。左が80年経った色です。

 

f:id:paintfactory:20181025232357j:plain

 

ただ、オリジナルペイント現物から新品時の色、当時の塗料から退職した時の色、どちらからでも推測はできますが大切なのは余計な色を入れないこと。

岡本さんありがとうございました。

 

 

アピオ x 横濱帆布鞄 JIMNY

《アピオ x 横濱帆布鞄 コラボJIMNY》

バックのモデルチェンジと同時に、アピオ x 横濱帆布鞄号を製作させていただきました。鞄のカラーイメージはもちろん、帆布の質感を実車で再現。私も愛用中のこの鞄。仕事に、遊びに、現場に。デザント耐久性がちょうど良い鞄です。

f:id:paintfactory:20181112161501j:plain

f:id:paintfactory:20181112161521j:plain

item.rakuten.co.jp